生理前のイライラ

PMSを和らげる方法は?逆に症状を強くする要因はあるの?

対策1 イライラの周期をチェックする

 

漠然とイライラを感じるというのではなく、いつ頃イライラしてくるのかを理解することが大事です。
最近はそういうアプリなども出ているので活用すると簡単です。

 

 

対策2 仕事や所要については減らす

 

PMSの原因はわかりませんが、ストレスや環境に連動していることは解明されています。

なかなか仕事先に理解を求めるのは難しいかもしれませんが、今はPMS(月経前症候群)は病気として認知されていますので診断書をとって理解を求めると良いでしょう。

 

ストレスを溜めこまずリフレッシュすることに努めることもお勧めですね。

 

対策3 婦人科に相談する

 

PMS(月経前症候群)の症状はイライラなどの感情に表れるので、自分を責めてしまいやすいです。
PMS(月経前症候群)は病気なので、症状がひどい場合は産婦人科に相談するのはとても大事と言えますね。

 

 

対策4 低用量ピルor漢方薬を試す

 

低用量のピルは卵巣ホルモンの変動を抑えることができるので、PMS(月経前症候群)の症状を抑えることができるようです。ただ、日本ではまだピルに対して抵抗がある方が多いのも事実です。

そういった場合は漢方薬を試してみるのも一つですね。人によって合う合わないがあるので、ひとつづつ試していくことになります。

 

対策5 放っておいてもらう

 

せめて職場や家庭において、自分がPMS(月経前症候群)の症状がひどいということの理解を求めておくということは大事です。

周りはPMSということを知りませんから、それがどれだけつらいことなのかわかりません。PMS(月経前症候群)であるということを告白してその時期はそっとしておいてもらうというのは一つの方法ですね。

 

 

PMS(月経前症候群)の症状を和らげる方法としては以上のようなことが言われています。

確かに有効なので、試して頂きたいと思いますが、私がお勧めする方法としては、PMSのサプリメントを試すというのも一つです。

 

PMS(月経前症候群)がわかってからその症状を自然な形で緩和するPMSサプリメントが各社から販売されています。

 

低用量ピルや自分に合った漢方薬を探すなどに抵抗のある人にはお勧めです。


トップへ戻る