生理前のイライラ

あなたはPMS?チェックしてみよう!

PMSって具体的にどんな症状のことを指すの?

 

私が初潮を迎えてから今日まで、十代・二十代・三十代・四十代別に思い返してみると、該当する症状が違ってきていることに気づきました。

 

症状は年齢やその時の全身状態、更にストレスの内容によっても違ってくるということがわかったんです。

心の変化

身体の変化

行動の変化

・イライラする
・落ち込みやすくなる
・涙もろくなる
・やる気がなくなる
・不安を感じやすくなる
・緊張しやすくなる
・孤独を感じやすくなる
・くよくよメソメソする
・誰にも会いたくない
・女をやめたくなる

・眠気に襲われる
・眠くならない
・顔、身体がむくみやすい
・肌荒れ、ニキビができやすい
・肩や首がこる
・乳房、乳首が張る、痛む
・全身倦怠
・疲れがとれない
・下痢、便秘
・吐き気、腹痛、下腹部痛

・衝動買い
・集中力散漫
・暴飲暴食
・八つ当たり
・性欲旺盛
・物忘れが多くなる
・感情のコントロールができない
・暴力をふるってしまう
・あまり身体を動かしたくない
・失敗が続く

 

とにかくPMS症状は種類が多く、十人十色なんです

 

生理前のあなたはどんな傾向がありますか?

一度思い返してみると意外なことがわかるかもしれません。

 

 

PMSの原因は?

PMSがなぜ起こるのかその原因は今だ判明してないんです。 
ただ、一般的には以下の3つの要素が大きいと言われています。

 

プロゲステロン(黄体ホルモン)の影響

 

脳内物質の低下

 

ビタミンやミネラルの欠乏

 

 

 

簡単に言えば、タバコやアルコール、カフェインや糖分、塩分、脂肪を取り過ぎが、 カラダを冷やし自律神経を乱す原因にもなり、PMSを引き起こす最大の原因になっているということなんです。

 

 

 

基本PMSは、自律神経が女性ホルモンのバランスを乱しているということ。

 

ですから、いかに自律神経を整えるられるかが、ポイントになります。

 

一番手っ取り早い対策方法としてPMS(月経前症候群)の症状を弱めるという方法を用いられています。

 

 

 

 

本当は、アルコールも、タバコも、ストレスも、甘いものも、脂っこいものも、カフェインも…というように、なにもかも摂取しなければ、簡単にPMSにならないのかも?しれませんが、なかなか難しいですよね。

 

ですから、そういった諸々を控えつつ、非常に効果的で自分に合ったサプリメントを摂取していくのが最大の改善策になるわけです。



トップへ戻る